幻の憲法

憲法関連年表

憲法関連年表
A 現憲法を無効とした場合の大東亜戦争期間 |
B 現憲法を有効と認めた場合の大東亜戦争期間
C 実際の大東亜戦争期間
D みんなが勘違いしている戦争期間

年・月・日内   容DCBA
明治22・2・11大日本帝国憲法発布
昭和16・12・8大東亜戦争勃発
昭和20・7・26連合軍、ポツダム宣言を発す
昭和20・8・15敗戦・ポツダム宣言受諾による有条件降伏
戦闘終結・占領下という戦争状態始まる
昭和20・9・2降伏文書調印(翌日に発効)
昭和21・2・3GHQ憲法草案作成指示
昭和21・2・13GHQ憲法草案提示
昭和21・2・19占領国軍軍事裁判所に裁判権が移る
昭和21・10・17GHQ占領憲法再検討指示
昭和21・11・3占領憲法公布
昭和22・5・3占領憲法発効
昭和25・7・8警察予備隊発足
昭和25・10・17警察予備隊朝鮮戦争に派遣
再軍備、海外派兵という違憲行為が行われた
昭和26・4・11マッカーサー解任
昭和26・5・6マッカーサーの後任マシュー・リッジウェイ、日本に主権移譲
昭和26・9・8サンフランシスコ講和条約、旧安保条約締結
昭和27・4・28日華平和条約調印(サ講和条約発効の7時間半前)
昭和27・4・28サンフランシスコ講和条約、旧日米安保条約発効
米・英・仏との講和条約は憲法違反で無効。事実上、主権は回復。ソ連、中華民国とは戦争状態が続いている
昭和27・8・5日華平和条約発効
昭和31・10・19日ソ共同宣言調印
昭和31・12・12日ソ共同宣言発効
日本が戦ったすべての国との講和、または講和に準ずる条約締結は憲法違反で無効
昭和47・9・29日中国交正常化。日華平和条約破棄
戦争終結を謳った日華平和条約破棄は、中華民国に対する宣戦再布告と同様な行為であり、憲法違反・無効
現在現在の戦争状態の相手国
現憲法を認めるならば、米、英、仏、中華民国(台湾)、中華人民共和国(八路軍)、ソ連
現憲法を無効であるとするなら、中華民国(台湾)

赤字は、国家として行った憲法違反行為
戦争=宣戦布告、戦闘行為、休戦協定締結、占領、講和条約締結を含む外交の一環。

自衛のための戦争は、国際法として禁止されていないが、憲法でその権利を放棄した。広く解釈しても、自衛のための戦闘は出来ても、戦争はできない。
「戦争放棄」をしたということは、宣戦布告、休戦協定締結、占領、講和条約締結はできない。





コメントも入れられます。  

ご意見、激励、提案、なんでもお書きください。  


  • 杉原氏の話から、最初は疑問に思いながら読みましたが、よく読んでみてなるほどと思います。杉原氏の行為は、当時の日本国の行為であり、杉原氏個人の行為ではないこと、その通りと認識しており、杉原神話が巷にあるとすれば、それは大きな間違いですね。憲法年表もなるほどと思います。これらが正しく認識される社会になるように、努力していきたいと思います。感謝 -- m 2014-02-28 (金) 10:56:44
  • NHKのBSプレミアムで杉原千畝の特集番組がありました。その中では、ヒーローとして描かれています。 -- あつし 2014-03-01 (土) 03:43:20
  • 杉原氏が日本に送った67報の内容をどう解釈されますか? -- あつし 2014-03-01 (土) 03:46:22

認証コード(4463)







a:1512 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.65
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional